読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カタカタブログ

SIerで働くITエンジニアがカタカタした記録を残す技術ブログ。Java, Oracle Database, Linuxが中心です。たまにRuby on Railsなども。

VMwareで仮想OSをovfエクスポートしてOSクローンしてみる

VMware

VMwareで仮想OSをovfエクスポートしてOSクローンしてみた。
VMwareの仮想OSをクローンしたいとき、ovfエクスポート -> インポートの手順でクローンするのがもっとも簡単なよう。
エクスポートとデプロイ(インポート)の順で手順をまとめる。

エクスポート

仮想OSを停止する。
仮想マシンの設定の編集から、ハードウェアタブのCD/DVDドライブのデバイス タイプが「クライアント デバイス」に設定する。(データストアISOファイルとして、イメージファイルを参照したままエクスポートすると、リストア時にエラーになる場合がある)
f:id:osn_th:20140608210212p:plain
仮想マシンを選択し、ファイル > OVFテンプレートのエクスポート > OVFテンプレートのエクスポート
f:id:osn_th:20140608210219p:plain
出力先ディレクトリを指定し、「OVFパッケージには、フロッピーおよびCD/DVDデバイスに接続されるイメージ ファイルが含まれています」のチェックを外し、OK
f:id:osn_th:20140608210238p:plain

OVFテンプレートのデプロイ

ファイル > OVFテンプレートのデプロイ
f:id:osn_th:20140608210217p:plain
エクスポートしたovfファイルを選択
f:id:osn_th:20140608210209p:plain
次へ
f:id:osn_th:20140608210225p:plain
名前を変更し、次へ
f:id:osn_th:20140608210203p:plain
リソース プールを選択し、次へ
f:id:osn_th:20140608210222p:plain
次へ
f:id:osn_th:20140608210228p:plain
終了
f:id:osn_th:20140608210215p:plain
デプロイタスクが開始されるので、完了するまで待つ
f:id:osn_th:20140608210206p:plain
正常終了したことを確認し、閉じる
f:id:osn_th:20140608210236p:plain
クローンしたマシンが正常に起動することを確認
f:id:osn_th:20140608210233p:plain